Fahad Hameed

Fahad Hashmi is one of the known Software Engineer and blogger likes to blog about design resources. He is passionate about collecting the awe-inspiring design tools, to help designers.He blogs only for Designers & Photographers.

43 thoughts on “ジプシーキングス – インスピレーション

  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    死んだ親父が鬼平犯科帳大好きでした。この曲聞くと思い出します。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    時代劇に外国曲という新たなマッチング!本当に新鮮でした。これで、同じ組み合わせが続々出てきたら、面白いかも。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    最初スチール弦かと思ったらフラメンコギターだったんですね。指で出すテンションの高い音と爪を交互に使い分けて芸術ですね。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    鬼平犯科帳の事件は、決して派手ではないが、やむにやまれず犯罪を犯した人を裁く辛さや、何とかそれを助けようとする心のひだのようなものを描いていたように思う。そしてこのエンディング曲が、その心のひだを修復してくれるようでした。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    江戸の粋とダンディズムを匂わす軽妙洒脱でありながらどこか物悲しい音色に、罪人への哀切を噛みしめる平蔵の横顔を覗くような、胸が詰まる感覚を覚える。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    EDで町民(だと思う)が雪の中、ニ八そば立ち喰いしてるシーンが好き

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    この曲の素晴らしさ、ギターのテクニックはどう、表現してよいかわかりません。☺

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    盗「てめえ!何者だ!」
    鬼平「おめえらが、鬼と言って恐れている、火付盗賊改方
    長谷川平蔵だ!
    一味の者!神妙に縛につけ!

    鬼平好きだった。よく見てた!終わって残念だ。
    まあ、佐島忠助役(高橋悦史さん) 沢田小平次役(真田健一郎さん)天野甚蔵役の(御本木伸介さん)
    相模の彦十役(江戸家猫八さん、長門裕之さん) 小房の粂八役(蟹江敬三さん)とか次々お亡くなりになってるし、他のキャストの方、とりわけ長谷川平蔵役の(中村吉右衛門さん)も、もうご高齢だから仕方ないだろうけど。
    でも本当に中村吉右衛門長谷川平蔵が上司でだったらこの人に命を預けてもいいと思もうほどよかった。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    お前らがそんなに押す鬼平とやらをみてみることにする

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    初めてフルで聴きました。
    いやあこれが時代劇のエンディングテーマで使われていたとはねえ。
    いやはや。
    いい曲聴かせてもらいましたなぁ。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    先日島木譲二さんが亡くなられ、この方も妖盗葵小僧で出演されていた事思い出しました。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    斬新奇抜なエンディングの曲だった。時代劇で使われる定番的な曲ではなかった。ジプシーキングスの起用は新鮮であった。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    2017年4月に来日公演の予定ですから、この際、ぜひこの曲を演奏していただきたいです!!!

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    帰省した時、あの頃一緒に観てた祖父母の部屋が、あまりにも小さくて、思わず泣いてしまったことを思い出しました。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    松竹の市川プロデューサーが池波先生はラテンギターが好きだと言う話を聞き
    その情報を得たフジテレビの鈴木哲夫プロデューサーがインスピレイションを紹介
    最初は外国のそれもヨーロッパのグループの曲が時代劇に合うのかという意見もあったが
    できあがった試写を見たときにスタッフが皆「うん、これだ」と思った

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    外国の方がこの曲を上げていた、その動画にこうコメントしたんだよなぁ、「Do you know this song used in ending theme on "samurai" drama in Japan?」ってw

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    「五月闇」「高萩の捨五郎」を観終えた後の秀逸なEDタイトルバックとジプキンのインスピレーションは
    いつも泣けますね、あるいは「密偵たちの宴」ではほのぼのとした感じになり・・・
    時代の流れ?とはいい鬼平のような丁寧に作られた時代劇がなくなるのは寂しいものです。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    私が生まれる前から放送されていた時代劇だけれど、こうして鬼平犯科帳の最後を見届けることが出来たのは幸せなことなんだとしみじみと…。
    今は再放送と時代劇専門chで昔のシリーズを視聴してます
    それにしても、最後の最後まであのエンディングであったのが本当に良かった。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    鬼平も終わってしまったか。でも最終回なのに、いつも通りのエンディングで、すごく良かった。ほんとに泣きそうになった

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    鬼平の影響か…なんだか、この曲に四季を感じる。
    後は、曲を聞いているともても心が落ち着く。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    雪がちらつく下で美味そうで温かそうな蕎麦を食べてるシーンが好きです

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    鬼平犯科帳を初めてみたのは第一シリーズの2話、本所桜屋敷でした。
    エンディングで流れる江戸の四季の移り変わりだけでも驚いたのに、
    この曲でさらに惹きつけられました。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    なぜかメロディの中に四季があるように思わされる。
    その中でも桜や細雪のような儚さが日本的美的感覚とマッチするんだろうな。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    何時の日か、また鬼平が・・・そんな夢を見るのは私だけではないでしょうね! 鬼平は漢の鑑、 有難う池波先生、有難う吉右衛門さん。

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    風景の素晴らしさ 大自然の時めき 食品添加物無し オーガニック 遺伝子組み換え食品無しインチキvaccine無し人類の自然破壊古代は自然のなかの人々大フアンになりました東京都

    Reply
  • August 23, 2017 at 4:21 pm
    Permalink

    結局、鬼平は、
    このジプシーキングスの
    この曲を聴くために観ていた
    という感が深い。😎

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *